デュタステリドを含む医薬品

男性型脱毛症の改善に効果があると言われているフィナステリドを含んでいる医薬品であるプロペシアよりも、さらに強力な改善効果を得られるものとしてデュタステリドという成分を含んでいる治療薬があります。
デュタステリドを含んでいる医薬品として有名なものとしては、アボダートいう薬があります。
また、アボダートのジェネリック医薬品としてディタスもあります。
アボダードは非常に高額な医薬品ということになりますが、ジェネリック医薬品であるデュタスは安価な値段での販売となっています。
フィナステリドの効果は5αリダクターゼの2型のみに効果があるものとなっているのに対して、デュタステリドでは2型5αリダクターゼにも効果があるものとなっていますので、大きな効果があると言えます。
日本国内ではデュタステリドが配合されている新薬としてアボルブカプセルが販売されていますが、前立腺肥大症の治療を目的としている薬ということになりますので、前立腺肥大の治療をするために処方してもらう必要があります。
現在ではプロペシアなどとは異なる扱いになっていて、AGA治療を目的としての処方はできませんので、どうしても使用したいと考えている人の場合には自己責任によって個人輸入の方法で購入することになります。
デュタステリドはフィナステリドが配合されている薬と比較した場合に、5倍の容量が含まれていることになりますので、効果が大きいと考えられる反面として副作用についても懸念する必要性があります。
医薬品である以上はある程度の副作用について把握しておく必要があるものと言えますが、育毛効果を目的として使用するときには、リスクについても十分に知っておくことが大切です。

(記事:参考サイト)
デュタステリド
■デュタステリドを使用する前にロゲインでこっそりAGA治療してみませんか?
ロゲインでこっそり発毛