デュタスとアボダート、効くのはどっち?

育毛及び発毛の薬であるデュタステリド錠と言えば殆どデュタスの事を指すともいわれる程近年人気が高くなっているデュタス。
そのデュタスとアボダートの一番の違いを一言で言えば購入価格であり、効果そのものは全く同じです。
非常に高価なアボダートに比べてデュタスは半額以下で購入する事が出来ます。
デュタスが安価なのはジェネリック医薬品という枠組みに入るからです。
ジェネリック医薬品というのはオリジナルの医薬品と同じ成分を同じ量だけ使用した後発医薬品の事で、いわば廉価版という事になります。
この場合はアボダートがオリジナルにあたり、開発などに掛かるコストが無くなる分、安く製造販売出来るのがデュタスという訳です。
ジェネリック製品は廉価版という例えを出しましたが、成分他、薬としての価値や効果はオリジナルと全く同様のものとなりますので、安いからといって効果が薄いという心配は必要ありません。
したがってどちらを選ぶ基準としては購入する人の価値観によって変わってきます。
正規のオリジナル品という安心感を重視しているのならアボダートで、節約を最優先としているのならばデュタスといった具合です。
元々デュタステリドは前立腺肥大を改善する薬で、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの作用を抑える働きがあります。
その結果、前立腺を小さくさせることが出来ます。
男性ホルモンの働きを弱くするという作用から、デュタステリドの副作用としては勃起不全や性欲の減退、女性化乳房等が挙げられます。
それでもデュタステリドは日本で初めての5α-還元酵素阻害薬であり、テストステロンを阻害するという従来の薬とは違った作用機序なので副作用の軽減が期待される薬です。

デュタステリドの効果が高い根拠

抜け毛や薄毛に悩んでいる方は、高い効果があることで知られるデュタステリドを使うようにしてください。
デュタステリドの効果が高い根拠は、男性型脱毛症であるAGAの原因となる、5αリダクターゼを抑制することがわかっているからです。
5αリダクターゼというのは、男性ホルモンと結び付き、ジヒドロテストロンに変換する働きを持つ酵素のことで、ジヒドロテストロンとは、男性の薄毛や抜け毛のきっかけとなるもののことです。
抜け毛が起こる直接的な原因はジヒドロテストロンなので、この流れを阻止することが出来れば、薄毛を解消できるというわけです。

5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類があるのですが、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方を抑制する効果があるので、Ⅱ型しか抑制できないフィナステリドよりも効果が上だと考えられています。
Ⅰ型は皮脂腺に多く存在しているため、脂性肌でにきびが出来やすい方に多く、Ⅱ型は毛乳頭に多く存在しているため、ひげや体毛が濃い方に多いので、肌が脂っぽくて毛深い方に薄毛が多いのはここに理由があります。

臨床実験では、フィナステリドよりも高い効果を上げたデータもあるデュタステリドですが、その代わりに副作用があるので、使用するときはメリットと同時にデメリットも考えなくてはなりません。
デュタステリドの副作用には、性的不能や性欲減退、精液の減少、胸が女性化するなどがありますが、すべての方に起こる症状ではないので、使ってみて合わなければ使用を中止するとよいでしょう。

またデュタステリドはステロイド系の医薬成分でもあるので、初期脱毛が起こりやすいのが特徴です。
薄毛を解消するつもりで使い始めたのに、抜け毛が増えるとかなりショックでしょうが、これはよくある症状で、抜けた後から効果があらわれるのでそれほど心配することはありません。