AGAの基礎知識

AGA(男性型脱毛症)とは、主に成人男性に見られる薄毛のことをいいます。思春期以降に発症し、30~50代で最も多くなっていますが、最近では20代の患者も増えています。額の生え際がM字状に後退したり、あるいは頭頂部から薄くなっていくのが特徴です。
AGAは、男性ホルモンが毛周期を乱すことで起こります。頭髪を含む人の体毛には毛周期と呼ばれる発毛サイクルがあり、一定周期で生え代わりを繰り返しています。毛周期は毛が太く濃く成長する成長期、成長が終わって抜け落ちるまでの退行期、抜け落ちたあと次に生えてくるまでの準備期間である休止期、というサイクルを繰り返しますが、このうち成長期が短くなり、休止期が長くなってしまった状態がAGAとなります。
毛周期を狂わせる原因は、男性ホルモンの一種・DHT(ジヒドロテストステロン)です。これはテストステロンが5αリダクターゼという酵素によって変化したもので、これが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結びつくことで髪の成長が阻害され、抜け毛が促進されてしまいます。DHTの分泌量には遺伝やホルモンバランス、皮脂の分泌量などが関係していると言われています。
こうしたAGAを治療するには5αリダクターゼを抑制してDHTの発生を抑えることが有効です。そうした作用のある成分として注目されているのがデュタステリドです。これまでAGAに最も効果があるとされてきたフィナステリドは、Ⅰ型・Ⅱ型の2種類ある5αリダクターゼのうちⅡ型にのみ作用しますが、デュタステリドはⅠ型・Ⅱ型の両方に作用するため、より効果が高いと言われています。デュタステリドはアボダードという育毛薬に配合されています。また、アボダードのジェネリック薬としてデュタスという薬も発売されています。

AGA治療薬の効果は気長に待て

男性の悩みの中でダントツに高いのが薄毛や抜け毛のことではないでしょうか。以前であれば遺伝だからとあきらめていましたが、今は薄毛の原因として男性型脱毛症(AGA)が研究されており、それに伴ってさまざまな治療薬や治療法が開発されています。

人間の髪の毛は周期性があり、成長期、退行期、休止期、脱毛期を繰り返すことで常に毛髪を保っています。しかしAGAの方は、男性ホルモン(テストステロン)の働きにより脱毛の最大原因である5αリダクターゼという酵素が生成され、髪の成長が抑制されてしまいます。そうなると成長期が短く髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまったり、細く短い髪が多くなりだんだん薄毛が目立つようになってしまいます。

AGA治療ではこの男性ホルモンへ働きかけることで薄毛や抜け毛を予防することになります。様々な投薬が開発されていますが、中でもデュタステリドという薬剤は、5αリダクターゼに効果的といわれています。5αリダクターゼはⅠ型とⅡ型が存在しており、AGA薬品の中が必ずしも両方に効果を発揮するとは限りません。デュタステリドはこのⅠ型とⅡ型の両方への効果が確認されており、他のAGA薬品で効果が出なかった男性でも効果が確認されることが多くなります。

効果の確認されたデュタステリドですが、本来毛髪の成長期は2年から6年と長い期間がかかるため、根本的な薄毛の改善は正常なヘアサイクルに戻すことになります。抜け毛が減少する等の効果が3ヶ月から6ヶ月で確認できたという方も多くいらっしゃいますが、ここでやめてしまってはまた元の薄毛の状態に戻ってしまいます。また、効果がでないと感じている方も1年以上少なくとも2年のサイクルで投薬を試すことをおすすめします。